WantedlyのSpring Internshipに行ってきた!

「シゴトでココロオドル人をふやす」でおなじみのWantedlyの春インターンに参加してきました!

Wantedlyの春インターンの概要

Wantedly Spring Internship 2016

Wantedlyの春インターンは今年初開催!
選考は,プログラミング課題をいくつかやって,ソースコードの簡単な説明とかしてって感じでした.
参加者は20~25人くらいで,3年生や修士1年の人が多かったですねー.

やったこと

1日目

会社説明では,Wantedlyのミッションやこれまでの経緯,サービスについてのお話しを聞きました.
そのあとはひたすらアイデアソン!ずーっとアイデアを考える→発表→ブラッシュアップの繰り返しでした!
これは正直かなり大変でしたが,発表のたびにCEOの仲さんから直接フィードバックをいただけるというとても貴重な経験ができました!

2日目

  • HTML/CSS/React.js勉強会
  • チーム開発

2日目は,午前中にセットアップして,エンジニアさんとお話ししてランチに行きました.エンジニアの方はみなさん優しく色々とお話ししてくださったので,これだけでも来た価値アリって思いました!
午後はインターネットの歴史や,それに使われている技術の講義を受けたあとは,各チームに分かれてWantedlyの新卒採用ページを改修しました.
名前だけ聞いたことあるなーっていうReact.jsも素晴らしい講義とサポートのおかげで,それなりに書けるようになったのが今回の収穫でした.

3日目

  • チーム開発の続き
  • Demo Day

インターン最終日は2日目のチーム開発の続きをひたすらやっていました.
Code Wins Argumentsということで,話し合いもするけどとりあえずはコードを書く.ひたすら書く.ただただ書く.という感じでとてもたのしかったです!
最後のDemo Dayっていうのは,Wantedly社内の各チームがプロジェクトの成果を全社員の前でデモ発表する日のことで,初日のアイデアソンの優勝チームも参加していました(いいなー)
しかも優勝チームはWantedlyパーカーももらっていました!(もっといいなー!)
ぼくもほしかった...(唯一の心残り)

所感

Wantedlyにはディレクターがいないため,エンジニアがプロダクトを作りあげる文化があるらしいです.
(つまり,ただコードを書くだけじゃないってこと!)
今回のインターンでもアイデアソンにがっつり丸1日かけられていたのも,そういう自分たちでアイデアを思いつくようなエンジニアというものをWantedlyで活躍していくには必要なのかなと思いました.
あとは実際に働いているみなさんがとても生き生きとしていて,「仕事でココロオドル」していたのも印象的でした.
3日間本当にお世話になりました!

告知

学生限定リアルウォンテッドリーが3/24に渋谷マークシティであるみたいですよ!

www.wantedly.com